低い金利で借りるコツ

カードローンで借入れするなら、やはり金利の差が気になります。
同じ金額を同じ期間借りたとしたら、当然金利が低い借入先のほうが利息も返済総額も安くてすみます。
低金利のカードローン選びのポイントについてご説明します。

全体としては消費者金融よりも銀行カードローンのほうが比較的金利が低めに設定されています。
また総量規制対象外であることから、仕事を持たない専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申し込みが可能です。

消費者金融にくらべて審査に時間がかかるといわれていた銀行カードローンですが、近ごろでは消費者金融並みの審査スピードで対応するところも増えており、
最短で即日融資も可能です。

銀行が扱うローン商品ということで安心感が大きいという点も利用者にとっては魅力となっています。

カードローンの金利を比較する際、多くの人が最低金利に注目しがちです。
ただし最低金利が適用されるのは大口融資での借り入れに限られますから、実際には大した割合ではないのです。

特に新規申し込みの場合、多くは最低限度額からのスタートになります。
実際に借りる際の適用金利は上限金利となるケースが多い、ということを念頭に金利比較を行うのが現実的といえます。

上記で述べたとおりカードローンでは利用限度額が大きいほど低金利になる仕組みです。
限度額が大きければ審査も当然厳しくなるため、審査通過の可能性も低くなってしまいます。

一部のカードローンでは無利息サービスを提供しています。借入額によっては低金利で借りるよりも無利息期間を活用するほうが利息負担が軽減されることもあります。

いくら低金利で借りたとしても借入期間が長いと利息もそれなりにかさみます。
利息をできるだけ少なくして返済総額を減らすために、無理のない範囲で早期完済を目指しましょう。
参考は専業主婦でも借りれるカードローンの在籍確認について説明しているサイトこちらです。